狭い土地でも
あきらめない

生活スペースを確保するだけで精一杯の狭小住宅が多いのが現状ですが、木ごこち工務店の狭小住宅は違います。
土地の形を最大限に生かし、空間の無駄を省くことで収納はもちろん、庭を持つことも諦めません。

一戸建ての魅力の一つは子供がのびのび走り回れ、思いっきり遊べることだと考えます。

夏は庭でプール遊びやバーベキュー、地元の花火大会の日にはお友達を呼んでパーティだって開催可能。
そんな庭を狭小住宅にもご提案できる技術が木ごこち工務店にはあります。

狭小住宅のメリット

01土地が安い

まず1つ目は土地が小さいので土地代が安いというメリットがあります。 基本的に土地は地域によっても価格は異なりますが、 同じ地域で価格を抑える方法の一つとしては狭小の土地を選ぶことが大切です。

例えば、なるべく土地代を抑えて建物にお金をかけたいという場合には、 狭小の土地を選ぶと土地代は安く済ませることができます。

02コンパクトなデザイン性

また、2つ目はコンパクトなデザイン性の家が建てられるのも魅力です。

例えば、自由設計であれば、三階建ての細長くてデザイン性のある家も建てられますし、 狭小ならではの凸凹を生かしたデザインで完成させることもできます。

03総合的に見てコスパが良い

土地代以外にも申請費用や登記費用は土地の面積に応じて変わるため、 総合的に費用を抑えられる可能性があります。

特に予算重視という場合、狭小住宅を選ぶと満足度も高くなるかもしれません。

プランニングの
ポイント

01空間を活かし、縦方向の広がりを視覚的に見せる

一階建てや二階建てではなく、さらに広くするために三階建てを選ぶなど、縦の空間を活用するとより快適さを増すことができます。

実際に狭小住宅では縦の空間を生かしている家が多いです。吹き抜けを付けることで天井を高くすることができ、狭さを感じない家づくりを実現することが可能です。
その他にもトップライトや勾配天井など縦方向の広がりを視覚的に見せると、より広々とした空間を手に入れることができます。

このように、家を建てる時にはちょっとした工夫をすることで、より快適な空間に近づけることができます。 狭小住宅を選ぶなら工夫を忘れないようにすることが大切です。

02屋上の活用について

三階建ての家を建てる時にはできる限り楽しい生活を送りたいと考えている方は多いものです。楽しい生活を送るためにはデザインや広さなども重要になりますが、他にも大切なこととしては屋上です。

屋上は特に三階建ての住宅に活用した方がいいと言われていますが、その理由はどのようなことが挙げられるのでしょうか。

まず、計画をする時に問題として上がるのが狭い土地で敷地の広さが足りないことです。
敷地の広さが足りないと例えば庭のスペースが十分に取ることができない問題が発生したりします。そこで魅力的になるのが屋上の活用です。
屋上を上手く活用することで屋上バルコニーとして使うことができますし、収納などができる倉庫なども設置することができます。

屋上のスペースがあれば様々なことに活用することができるので、余裕がある場合は屋上の活用について考えた方がいいでしょう。

お問い合わせはこちら

    お名前必須
    電話番号必須
    郵便番号必須
    ご住所必須
    メールアドレス任意
    家づくりに関するご相談や
    ご質問など
    ご記入ください
    任意