ウッドデッキの
ある暮らし

自宅のウッドデッキでブランチやバーベキュー!なんていう休日に憧れをもつ人も多いのではないでしょうか。
ウッドデッキは第二のリビングとして使用する以外にも、ガーデニングや子どもの遊び場にするなど、活用方法はさまざまです。

ウッドデッキをつくるにあたっての一番のポイントは、段差をなくすことです。
ウッドデッキを設ける場所は、リビング横に設ける場合が多く、段差を無くしてリビングと同じ高さに揃えることで、
気軽に出入りすることができます。将来を見据えた上でも段差がないのが一番です。

また、リビングからどのよう見えるかもウッドデッキをつくる上では重要な要素になります。
リビングの一部としても使えるウッドデッキだからこそ、見せ方、実用性などをきちんと考えた上でつくることをおすすめします。

ガレージ

ガレージは車やバイクを格納するだけでなく、趣味の拠点ともいえる空間です。
コレクションしたモノを飾る。ソファを置いてくつろぐ。家族と遊ぶ。仲間と遊ぶ。
ガレージを一つの部屋としてとらえることが、くらしを豊かにするポイントです!

地下室の有効活用

室内の空間を広々と取りたいけれど、収納スペースもたっぷり欲しい。
限られた空間をどう使うかは、家づくりにおける課題で大きな課題です。 木ごこち工務店なら、一般的にはデッドスペースとなる小屋裏や床下も収納スペースとして活用することが可能です。

食料や日用品、衣類など、様々なものを収納することができます。
天井高を1.4m以下に仕上げたスペースは、床面積に含まれないので、建物の延床面積を増やさずに収納空間を確保する、
それが木ごこち工務店ならではの空間を有効活用した収納方法です。

高さの制限がありますが、日用品や大切な思い出の保管などの収納スペースとして十分広くご使用いただけます。

半地下のメリット

  • 土地の有効活用 土地が狭く多くの部屋をつくれない場合や、周囲との兼ね合いなどで高さのある住宅をつくれない場合、半地下を設ければ土地を有効活用できます。単なる備蓄庫のように使うだけでなく、条件を満たせば居住空間にもできます。部屋を増やしたい場合には有効な選択肢です。
  • 地震に強い住宅になる 半地下をつくる場合、そのぶんだけ掘り下げて基礎づくりをはじめることになり、地震に強い住宅をつくれます。台風が発生しやすい地域においても、半地下のある住宅は風に強くなります。
  • 湿度が
    安定している
    地上と比べて湿度が安定しやすいため、半地下は寝室にも向いています。また、ワインの劣化も防ぎやすい環境であるため、ワインルームとして半地下を利用している方も少なくありません。
「木ごこちBASE」には、3帖までの半地下フロアが標準仕様に含まれております。

お問い合わせはこちら

    お名前必須
    電話番号必須
    郵便番号必須
    ご住所必須
    メールアドレス任意
    家づくりに関するご相談や
    ご質問など
    ご記入ください
    任意